SSD換装手順 DELL Vostro 15 3000(3500)

Vostro 15 3000(3500) 価格.com限定 プレミアム Core i5 1135G7・8GBメモリ・256GB SSD・フルHD搭載モデル

こちらのSSD換装作業とそれに伴うBIOSの設定、OSのインストールまでの手順を紹介する。

今回の換装について

Vostro 15 3000にはSATAポートとM.2ポートがそれぞれ1つずつある。

私が購入したモデルは、出荷時256GBのM.2 SSDが装着されている。OSもそれにインストールされている。(モデルによって構成は異なる)

この場合、SSDの増設を行うときは次のいずれかを選ぶことになる。

  1. 現在のM.2 SSDを取り外し、新しいM.2 SSDに交換する。(今回)
  2. 現在のM.2 SSDはそのままで、新しいSATA SSDを追加する。

2のメリットは、OSのインストールが必要ないことである。しかし、Cドライブの容量が小さいことや、ドライブが2つに分かれてしまう煩雑さがある。

そこで今回は1の換装を行う。

SSDの選び方

今回使用したSSDはCrucial CT1000P1SSD8JP(1TB)

DELL Vostro 15 3000にM.2 SSDを換装する場合、NVMe接続のM.2 SSDを使用する必要がある。

SATA接続のM.2 SSDは使用できないので注意すること。例えば次のような製品は使用できないWestern Digital SSD 1TB WD Blue PC M.2-2280 SATA WDS100T2B0B-EC

データの移行

SSDを換装する場合、購入直後のPCであってもデータの移行を行うことが多い。購入直後のPCであってもドライバなど、必要な機能がインストールされているからだ。

しかし、今回はデータのバックアップを一切行わず、OSのインストールを行う。

なぜなら、Windows10ではOS再インストール後、ほぼすべてのドライバが自動でインストールされるからである。

実際に試したところ、今回もドライバが自動でインストールされ、手動でのインストールは一切必要なかった。また、もともとインストールされているDELL製ソフトは、なくても動作には支障はなかった。

OSのインストールUSBの作成には、公式が公開しているツールを用いる。詳細については以下のサイトを参考にしてほしい。

【Windows 10】「メディア作成ツール」でインストールUSBメモリを作る
Window 10の「メディア作成ツール」を使えば、Windows 10へアップグレードしたり、新規インストールするためのUSBメモリやISOファイル、DVD-Rディスクを作成したりできる。「メディア作成ツール」を使ったインストールUSBメモリ/インストールDVDの作成方法を紹介する。

分解作業

PCを裏返し、画像の9か所のねじを緩める(ドライバーはプラス0番)

9か所のうち、緑に示した2か所のねじは完全には外れず、浮いた状態になる

この浮いた部分をきっかけに、カードを垂直に挟み、移動させながらカバーを外していく。力は必要はなく、カードを差し込むことでつめが自然と外れていく。

画像の右下に見えるのが今回交換するM.2 SSDである。ちなみに、SATAスロットが左下に見える。接続用のケーブルもしっかり用意されているので、増設は簡単そうだ。

M.2 SSD交換

2つのねじを外して、M.2 SSDをエクステンダごと外す

もともと内蔵されていたSSDは、KIOXIA(旧東芝メモリ)製のKBG40ZNS256Gだった。最近のDELL製品にはKIOXIAのSSDが搭載されることが多いそうだ。残念ながら日本製ではなく台湾製だった。

新しいM.2 SSDを斜めに奥まで差し込んでから、倒してねじで固定する。

裏蓋をかぶせて、各所のつめとねじを固定して交換作業は完了

BIOSの設定

SSD換装に限らず、PCの構成が変わったときは、不具合を回避するためにBIOSの初期化を強くお勧めする。

BIOSの入り方だが、PCを起動した直後からF2キーを連打する。(Fnキーを同時押しする必要はない)

下にあるLOAD DEFAULTSを押して、Factory Defaultsを選択し、OKを押すとBIOSの設定が初期化され、再起動する。

再起動後、もう一度F2キーを連打してBIOSに入り、次の項目を確認する。

Storage項目のSATA/NVMe OperationがAHCI/NVMeになっていること。

以上でBIOSの設定は完了なので、下のAPPLY CHANGES を押して、EXITで終了する。

OSのインストール

事前に作成したWindowsのインストールUSBを挿した状態で、F12キーを連打しながらPCを起動する。

USBデバイスを選択する。同じUSBデバイスが複数表示される場合は、「UEFI」が含まれるものを選ぶ。

画面に従ってインストールを進める。これらはどのPCでも同じ手順なので、詳しい別のサイトを参考にされたい。

インストール後

インストールが完了したら、そのまま最低10分は放置する。その間にドライバが自動でインストールされる。

10分以上経過したら、デバイスマネージャーを開き、不明なデバイスがないことを確認する。不明なデバイスがあれば、そのまま放置すれば自動でインストールされる。

SSDの換装は以上です。

質問があれば、コメントで返信します。

コメント

  1. trotro75 より:

    こんにちは。大変有益な情報でありがたく拝読させて頂いております。
    質問はコメントからとの事とで失礼します。

    SSDを交換しWindows10を再インストールの後、
    放置してドライバインストールとの事ですが、
    1GBのSSDにWindows10を入れて起動する際、
    ラインセンスとかプロダクトキーについては
    どのように対応されたのでしょうか?

    添付頂いた公式URLもその件については
    サラッとしか触れておらず、、、。

    素人な質問であれば申し訳ありません。
    何卒ご教示、宜しくお願い致します。

  2. trotro75 より:

    度々申し訳ありません、先程質問した者です。

    記事の方法を真似て実施したところ、無事に換装出来ました!
    心配したライセンスはデジタルライセンスで自動的に認識・承認される様ですね。

    勉強不足な質問をして申し訳ありませんでした。
    前回と今回のコメントはどうか破棄頂けますと幸いです。

    最後に、作成頂いた記事のお陰でスムーズに作業が完了しました。本当にありがとうございました。

  3. MichaelDus より:

    In my opinion the theme is rather interesting. Give with you we will communicate in PM.
    [url=https://gay0day.com/search/pinoy-kantutan/]pinoy kantutan[/url]

  4. RobertTus より:

    I join. So happens. Let’s discuss this question. Here or in PM.

  5. Georgediume より:

    Bravo, you were visited with a remarkable idea
    [url=https://thetranny.com/videos/52928/nbnabunny-and-bf/]nbnabunny[/url]

  6. JohnnyNub より:

    I apologise, but, in my opinion, you are not right. I am assured. Let’s discuss. Write to me in PM.

タイトルとURLをコピーしました